1956年当時の人工透析の様子

輸入から国産へ――患者様の生命を第一として

日本の透析治療の歴史は、1967年、日機装が広島大学、新潟大学の医学部付属病院にMR社の人工腎臓装置を納入したところから始まります。その後の製品の売れ行きは上々でしたが、故障時の即応が難しいという輸入品ならではの問題点を抱えていました。
患者様の生命を第一と考える当社は、装置の安全性?信頼性向上をめざして国産化を決断。MR社と技術提携を結び、1969年には、部品一つから自社開発した国産第1号の人工腎臓装置「モデルBN」が厚生省(当時)の認可を取得します。この1号機は新潟県の信楽園病院に納入されましたが、それからわずか1カ月足らずで9台を受注し、人工腎臓装置の国産化は順調なスタートを切りました。また、このモデルBNは故障も少なく、医療現場からの高い評価を得ました。

1966年 米国ミルトン?ロイ社の単身用人工腎臓装置 モデルA
1966年 米国ミルトン?ロイ社の単身用人工腎臓装置 モデルA
日機装が開発した国産第1号のキール型人工腎臓装置(BN型)
日機装が開発した国産第1号のキール型人工腎臓装置(BN型)

透析装置のパイオニアとして、重みを増す社会的責任

人工腎臓装置の国産化を成し遂げた日機装の創業者?音桂二郎には、忘れられない出来事がありました。透析治療の現場を初めて見学した時のこと、急性腎不全で余命数日とされる20代半ばの青年がベッドに横たわっていました。そして、傍らの両親は医師を拝むとともに、人工腎臓装置の開発者として紹介された音に対しても手を合わせたというのです。
この経験を通じて、音は、医療に関わることの責任の重さをあらためて認識し、当社内だけではなく、現場で装置を扱う医療従事者へのトレーニングも開始します。また後年、静岡工場(現 技術開発研究所)を設立した際には、研修センターを併設し、医療従事者への教育やサポートを通じて、医療現場との連携に努めました。

人工腎臓 第1回医療機関向けトレーニング
人工腎臓 第1回医療機関向けトレーニング
欧美人与禽交片mp4/亚洲欧美国产综合aV/真人男女做爰免费视频/免费播放观看在线视频