1960年 フル稼働する石油化学コンビナート

世界で初めて、“完全無漏洩ポンプ「キャンドモータポンプ」”の実用化に成功

1956年、日機装は、無漏洩ポンプの需要拡大を見込んで、米国ケミポンプ社との技術提携により、「キャンドモータポンプ」の国内製造を開始しました。
危険な液体を取り扱う石油化学?一般化学工業分野において、ポンプ部とモータ部が一体化した密閉構造を持つキャンドモータポンプはまさに理想的なポンプ。ところが、回転軸を支えるカーボンベアリングという部品がポンプ内部にあったため、外部から磨耗状態がわからず、前触れもなくモータが焼き付いて急停止するという弱点があったのです。ケミポンプ社ではこの問題を解決できず、技術提携を解消することになりました。
そして、これらの問題を解決するため、日機装は独自開発に踏み切り、ベアリングの磨耗状況を検知できる装置「ベアリングモニタ」を搭載することで、世界初、実用レベルの完全無漏洩ポンプが1963年に完成し、「ノンシールポンプ」という名称で市場に投入されました。

米国ケミポンプ社のキャンドモータポンプ
米国ケミポンプ社のキャンドモータポンプ
ノンシールポンプ
ノンシールポンプ

「Eモニタ」の開発により、長年の課題を克服

石油化学コンビナートなどの安全性向上と予防保全に、当社の「ベアリングモニタ」は大きく貢献しました。
このモニタは日々改良が加えられ、その進化系が現在主流となっている「Eモニタ」です。
「Eモニタ」は、モータ部分に内蔵されたサーチコイルを通して、カーボンベアリングの摩耗を、電気的にリアルタイムに検出?表示するといった仕組みになっています。
この画期的な機能を備えた「ノンシールポンプ」は、長年にわたりポンプからの液体漏洩に悩まされていた石油化学?一般化学工業界から大いに歓迎されました。
また、特殊用途で使われる「ノンシールポンプ」にとって、アプリケーションエンジニアリグも重要なポイントです。
使用される液体や薬品は各種各様で、その化学的性質も千差万別です。これまでの豊富な経験に基づくアプリケーションエンジニアリングで、当社は、その一つひとつのケースに対して、適切な材質や構造などを見極め、いわば完全受注生産というかたちで対応してきました。こうして、数十万台にものぼるオーダーメードの「ノンシールポンプ」が石油化学?一般化学工業の発展に貢献し、日本の経済成長を側面から支えてきたのです。

日機装独自のEモニタ
日機装独自のEモニタ
欧美人与禽交片mp4/亚洲欧美国产综合aV/真人男女做爰免费视频/免费播放观看在线视频