液化天然ガスを船から受け入れ、貯蔵し、陸上へ移送するための洋上プラント
日機装クライオジェニックポンプ
日機装クライオジェニックポンプ

設計精度は“精密機器”ともいえる特殊ポンプ

クライオジェニックポンプの基本構造は、1982年に技術提携を結んだ米国J.C.カーター社の技術を受け継いでいます。当時としては斬新な構造でしたが、世界一のLNG消費国である日本の顧客の厳しい要求仕様に合わせた当社独自の改良を施したうえで、国産化に臨みました。
この極めて特殊なポンプの設計上の最大のポイントは、-162℃という極低温下での安定稼働が求められることです。そのため、主要部には異なる金属を用い、強度や耐久性を確保しています。しかし、これは同時に、熱収縮率の異なる金属でできた装置を極低温の液体の中で稼働させることになり、設計には100分の1mm単位の精度が不可欠となります。また、常温では実際の動作確認ができないため、納品前にはテスト施設においてLNGの実液を使用した試験を行い、徹底した製品品質の確認を実践しています。クライオジェニックポンプはまさしく“精密機器”ともいえる、当社の技術力を示す製品と言えるでしょう。

クライオジェニックポンプの基本構造
クライオジェニックポンプの基本構造

世界最大級の高圧ポンプ製造は日機装の独壇場

日機装が手がけてきたクライオジェニックポンプのなかでも、現在、世界最大級に位置付けられているのは、2008年に中国に向けて出荷された、高さ約6m、重さ約4t、出力2,000kWに及ぶ製品です。
ここまで巨大なポンプとなっても、求められる役割や性能に変わりはありません。設備環境や要求仕様に着実に対応し、極低温下でも安定稼働をすることが大前提です。
日機装は、長年のものづくりの経験と独自のノウハウを駆使し、こうした特殊なニーズにも応えています。そして、当社のクライオジェニックポンプは、これまでの蓄積の上に立ち、これからも現場のニーズに対して進化を止めることはありません。

日機装の技術が生み出した世界最大級の高圧ポンプ
日機装の技術が生み出した世界最大級の高圧ポンプ
大型のクライオジェニックポンプ
大型のクライオジェニックポンプ
欧美人与禽交片mp4/亚洲欧美国产综合aV/真人男女做爰免费视频/免费播放观看在线视频