1954年 街頭テレビに見入る群集

火力発電所の“水環境”に着目

火力発電では、ボイラで熱せられた水が蒸気となり、タービン(原動機)を回転させる力で電気がつくられます。このとき、水に不純物が混じっていると、ボイラ内にスケール(金属酸化物)が付着しやすくなり、これが熱効率の低下や内壁の腐食、水管の破損といったトラブルを引き起こすことがわかっていました。
その対策として、薬液によって水質調整を行うことになりますが、1950年当時の日本では、注入方法に明確な基準がありませんでした。そこで、日機装は直接ボイラへ薬液を注入する水質調整システムの導入を提案しました。

火力発電の仕組み
火力発電の仕組み

国内市場を独占する、日機装の「水質調整システム」

火力発電用ボイラへの薬液注入方法を模索していた時に出合ったのが、米国ミルトン?ロイ社の「ミルトン?ロイ?ポンプ」(自動調整をしながら必要量の液体を正確に吐出する定量ポンプ)でした。日機装は、当初は同製品の総代理店として、ポンプの輸入販売を主業務としていましたが、薬剤の注入、試料水の採取、水質の分析など、水質調整全般の計画業務にも手を広げていきます。その後、ミルトン?ロイ社との技術提携を経て、1956年には「国産第1号」を完成させました。そして、火力発電所の建設ブームに乗り、当社のボイラ水の水処理事業は国内市場を独占するに至りました。開発から半世紀以上を経た現在も、当社の水質調整システムは、国内420ユニット以上の火力発電所とすべての原子力発電所で活用されています。

ミルトン?ロイ社との技術提携仮調印
ミルトン?ロイ社との技術提携仮調印
ミルトン?ロイ?ポンプの国産第1号
ミルトン?ロイ?ポンプの国産第1号
欧美人与禽交片mp4/亚洲欧美国产综合aV/真人男女做爰免费视频/免费播放观看在线视频